ペット可のマンションを選ぶときの注意点

subpage01

最近では家族の一員としてペットを飼う人が増えてきたため、マンションの場合もペット可の住居が多くなってきました。ペット可のマンションを探そうとすれば、サイトで検索すると多数出てきますし、不動産業者に頼んでもその条件を満たす物件をたくさん紹介してくれるでしょう。

ただ、その場合でも、共同住宅で動物を飼うときにはさまざまな制約があるはずなので、細かい点についても早めに確認しておくことをお勧めします。


たとえば、多くのマンションでは飼える動物の大きさや数に関しては制限がありますし、犬の場合にはエレベーターに犬と一緒に乗るときは、飼い主が抱いていなけらばならないところもあります。動物は、いくら良くしつけてあって可愛い存在でも、苦手な人もいますし、共同住宅では特に他の人の迷惑にならないように注意して生活する必要があります。

また、この種のマンションを買う場合には、ペット向きの設備やサービスなどがついているかということもチェックした方が良いでしょう。


たとえば、犬の足を洗う共同のスペースを作っているマンションもありますが、このような場合にはその分価格が高くなっていることが多いので、犬を飼っていたとしても本当にそれが必要かどうかを検討して、不要なものがついていないところを選んだ方が良いでしょう。
なお、マンションでペットという場合に普通考えられるのは犬と猫なので、この2種類に関しては大きさなどの制限を文章にしているところも多いのですが、それ以外の小動物を飼う場合にも、共同住宅で生き物を飼うという責任を自覚しておく必要があるでしょう。
例えば、小鳥でも鳴き声が大きい種類もありますし、匂いが強い場合もあります。

さらに、爬虫類や両生類などを飼っていて、そのペットが逃げ出して他の部屋や共同スペースに現れた場合、危険な動物でないとしても、不安や不快感を覚える人もいるでしょう。
こんなふうに考えると、ペット可という物件でも安易に考えすぎずに、自分のペットに合った住居を良く考えて選ぶようにするべきです。

また、以上の注意点はマンションを購入する場合のことでしたが、賃貸の場合でペット可の住居に住むときは、そのペットが床や柱などを傷つけたり汚したりした場合は、修繕費用を払わなくてはならない可能性が高いので、この点も注意しておいた方が良いでしょう。購入の場合でも賃貸の場合でも、「ペット可」という言葉だけで、自分のペットを飼っても大丈夫なのだと決めつけずに、できればそんな物件にペットと一緒に住んだことがある、あるいは現在住んでいる人の体験談などを聞いたり読んだりして、良く吟味した上で物件を選ぶことをお勧めします。
なお、どうしても現在飼っている自分のペットが飼える住居が見つからない場合にはどうするかということを常に考えておくことも大切です。そんな場合に一時的にでも預かってくれるようなペットショップや団体、またどうしても手放さなくてはならないときに依頼できる相手に関しても、万が一に備えて探しておくことをお勧めします。

鋭い観点から世田谷区のペット可の最新情報をご提供します。



板橋区の仲介手数料無料について紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

埼玉の土地活用に関する疑問が解決できます。

足立の新築一戸建てに関する問題解決をサポートいたします。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/201608/CK2016082502000154.html

https://matome.naver.jp/odai/2137391412974792801

http://girlschannel.net/topics/732937/

関連リンク

subpage02














新築住宅はやはり気持ちがいい

新築住宅は、何といっても新しさが魅力です。誰も使用したことのない部屋、設備、機能を最初に使う快感は、言葉には表せない感動が有ります。...

NEXT
subpage03














分譲賃貸マンションを探すための不動産会社選び

賃貸生活をしていくと決めた人にとって、長期間でも住みやすい物件を探して住むのは重要な視点の一つでしょう。転勤族だから賃貸生活をするという場合にはそれほど大きな問題にはなりませんが、一般的には賃貸用に建てられたマンションは長期的な生活には向いていない仕様になっています。...

NEXT