新築住宅はやはり気持ちがいい

subpage01

新築住宅は、何といっても新しさが魅力です。
誰も使用したことのない部屋、設備、機能を最初に使う快感は、言葉には表せない感動が有ります。


その設備にしても、最新の技術を駆使したものが備わっていて、使い勝手が非常によくなっています。

断熱効果も特に優れ、太陽光発電や燃料電池による蓄電池なども付随しているところもあり、エネルギー効率も極めてよくなっています。
部屋自体も、使い始めたばかりのぬくもりを感じ取ることができ、心ゆくまでその質感を楽しめます。


そういった新鮮味のほかにも、さまざまなメリットがあります。まず、維持費用があまりかかりません。
どの部分もできたばかりですから、いきなり壊れたり、傷んだりということはないでしょう。


それに対して、中古住宅なら、何かとメンテナスに費用を要し、後から出費を強いられます。
場合によったら、大幅なリフォームをせざるを得ないこともあります。でも、新築なら、そのような心配がありません。また、新築住宅を販売した業者は、10年間瑕疵担保責任という義務を課されます。
つまり、売主は、対象住宅の基本構造部分に瑕疵(不具合や欠陥)がある場合には、補修や賠償をしなければいけないのです。

基本構造部分とは、柱や基礎、壁、屋根、給排水管、雨水の防止部分などです。もしこれらの個所の修繕ができないと、最悪の場合は、買主のほうから契約破棄ということもありえます。

そうなっては困るので、売主も真剣に対処してくれます。

瑕疵担保責任には、買主に民法に定められたよりも不利になるような特約をつけてはいけないことになっていますから、もし何かあっても、しっかりと直したり、賠償してもらえるので、安心して暮らせます。

中古住宅の場合は、この義務が免除されることも多く、仮に売主が責任を負うとしても、期間が3か月程度と、かなり短縮化されます。そういう点で行くと、新築のほうがいろいろなトラブルに対処しやすく、ずっとお得です。

なお、瑕疵担保責任は、契約時の瑕疵だけに適用されます。
あとから生じた不具合には、責任は付きません。
そして、瑕疵が見つかってから1年以内に要求をしなければいけません。

これ以外にもメリットがあります。それは、税制上の優遇が受けられるという点です。

不動産取得税の場合は、課税標準額(固定資産税評価額)から1、200万円控除されます。

つまり、不動産取得税の計算方法は、(課税標準額−1、200万円)×3%となります。

なお、要件として、住宅の延べ床面積が50?以上240?以下でないといけません。
宅地にも減税措置があります。一定の条件を満たせば、宅地の不動産取得税が軽減されます。

計算方法は、課税標準額×1/2×3%−軽減額となります。


固定資産税も以下のように低くなります。一般住宅や低炭素住宅の場合、戸建ては3年間税額が1/2です。
マンションは5年間1/2です.長期優良住宅ならば、戸建ては5年間、マンションは7年間、税額が1/2になります。
登録免許税も見てみましょう。一般住宅ならば、税率が0.15%、低炭素住宅ならば、税率が0.1%、長期優良住宅ならば、税率は0.1%です。

税制上も新築住宅を購入したほうが、多くのプラス面があります。

奈良の新築サイトを見つけることができました。

藤沢の不動産情報をお伝えします。

葛飾区の不動産買取情報探しにぴったりの情報を提供いたします。





https://matome.naver.jp/topic/1MErY

https://job.tsite.jp/job-offer/detail/10330?ar=11&pg=1

http://rocketnews24.com/2013/12/29/400699/

関連リンク

subpage02














家作りにこだわりたかったら工務店に依頼する

家を建ててくれる業者には、2つのタイプがあります。住宅メーカーと工務店です。...

NEXT
subpage03














ペット可のマンションを選ぶときの注意点

最近では家族の一員としてペットを飼う人が増えてきたため、マンションの場合もペット可の住居が多くなってきました。ペット可のマンションを探そうとすれば、サイトで検索すると多数出てきますし、不動産業者に頼んでもその条件を満たす物件をたくさん紹介してくれるでしょう。...

NEXT