注文住宅と建売住宅のどちらがいいか

subpage01

多くの人がマイホームの購入は人生において最高額の買い物になりますが、高い買い物になるだけになかなか手を出せないのが現状です。
関東、関西の都市部ですと土地の価格が高いので、比較的、安価なマンションにするのですが、地方ですと、土地の価格が都市部と比べて比較的安いので一戸建てを選ぶ人もまだまだ多いでしょう。
一戸建て住宅には、建売住宅と注文住宅があります。
建売住宅はすでに建設が完了したうちを購入する方法です。家も土地も購入できます。

それに対して注文住宅は家の設計からスタートする購入方法です。


土地と家を別々に購入する人もいますが、ハウスメーカーとしては、設計から行うプランとして土地付きの住宅として販売するケースも増えてきてます。建売住宅のメリットとしては、価格が比較的安い点です。


ハウスメーカーが材料を一括購入して部材の単価を低く抑えたりしていますので安いのですし、実際の家の中を見学できる点です。

家はとても高価です。
実際に住む家を事前に見ることも無く購入するのは不安というのは当然のことです。

その点、実際に住む家を見ることができるのは大きなメリットです。
しかし、デメリットもあります。


すでに建っている家ですので、修正ができない点です。
気に入らない部分が直せない、直せてもお金がかかります。


注文住宅のメリットはなんと言っても希望の家を建てることができる点です。
長く住む家です。

仕事から帰ってリラックスしてすごしたいものです。


人生で一番長い時間をすごすスペースですので気に入って住みたいものです。

そんなメリットがあります。

また、設計から始めるのでレイアウト、間取り、収納スペース、備え付け家具などをつけることができます。

子供ための部屋、夫婦の部屋、リビングなどを自分達の好みにできます。

子供、夫婦のことを考えることは将来設計をすることと一緒です。
家族の未来を設計することはとても楽しいことです。しかし、デメリットもあります。

それは、お金が高いという点と期間がかかる点です。
費用は設計から始めるからです。
希望通りのレイアウト、間取りにしたりするとちょっと高くなります。また、実際の家のイメージがなかなかわかないという点で一般の人は困るかも知れません。

自分達で決めた壁紙の色、デザインなのですが、実際にできた家ですと、イメージとは違っていたことも少なくありません。
注文住宅のメリットは建売住宅のデメリットですし、注文住宅のデメリットは建売住宅のメリットになります。
それぞれが相対している点が住宅です。

それぞれのデメリットを解消する方法として、住宅展示場の見学、住宅メーカー、設備メーカーのショウルームの見学があります。

どちらの住宅にもメリットデメリットがあります。
高価な買い物で返品もききません、支払い期間も30年、35年と長期間になります。


自分だけでなく、家族と住む住宅ですのでよく考えて決めるといいでしょう。



越谷の新築一戸建て情報全般について知りたい方のお手伝いをします。



江戸川区の不動産買取のお役立ち情報を公開しています。

ポラスの分譲の人気度が上昇しています。

https://matome.naver.jp/topic/1MQ5r

https://4meee.com/articles/view/320838

http://top.tsite.jp/tag?q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%B1%95%E7%A4%BA%E5%A0%B4&sc_int=tcore_news_tag

関連リンク

subpage02














インテリア壁材の魅力的な効果と活用場面

インテリア壁材と聞くと、とにかくオシャレなデザインの物というイメージを抱く人もいるでしょう。確かに、インテリア壁材にはオシャレな物がありますが、オシャレさだけが魅力ではありません。...

NEXT
subpage03














賃貸経営をするための不動産の買い取り

マンションやアパートなどを手に入れて賃貸経営をすると不労所得を手に入れることができます。そのための不動産の手配の仕方として最も一般的なのが不動産の仲介を受けて、市場に出ている物件の中から購入するという方法です。...

NEXT