ペット可の場所について

subpage01

ペットを飼っている場合、家族のように大切に感じるものです。終生責任を持って世話をして、飼うことが飼い主の役割と言えます。
ペットがいると、行動を共にしなければならない場合もありますが、最近では受け入れてくれる場所がたいへん増えました。
しかし、それぞれのルールがあり、お店に対しても、他のお客さんに対しても、迷惑をかけない心構えがないといけません。


まず、ペット可の商業施設ですが、ペット可となっていても食料品を扱っている場所においては立ち入り禁止になっていることが多く、許可されている場所でも、リードを付けて目を離さないことや、どこかに括り付けてほったらかしにすることは禁止だったり、顔が見えないようにカバンの中に入れておくことが約束事であったりします。


またペット可カフェでは避妊済みでなければ入店はダメだったり、人間が座る椅子には座らせない、テーブルやお皿をさわらせない、自分のペット専用のマットや、水入れを持参するというルールや、吠えだしたらいったん外に連れて行って落ち着かせてから戻るなどの、きめ細やかな配慮が必要です。

犬の場合は服を着せたり、マナーバンド、マナーパンツをつけさせて、毛の飛びちりや、排泄物でほかのお客さんにいやな思いをさせないようにしなくてはなりません。

ペット可ホテルの場合も、廊下ではキャリーバッグに入れたり抱っこしたり、または、リードを付けて歩かせて、決して放さないでください。また、部屋でも、ベッドの上には上がらせず、自宅からベッドカバーやシーツ、マットを持参すると良いです。

またねこの場合、引っ掻いて壁や床を傷めやすいので、傷めそうな場所にカバーをしたり、目を離さない注意が必要です。


何の動物にせよ、ペットだけを部屋に残す場合はゲージに入れ、自由に動き回らないようにしましょう。壁や障子など傷めてしまうと、弁償の対象になります。


排泄はすんでからチェックインする、室内に入る前にぬれタオルで足を拭いてやるなどの配慮があると良いです。

そしてチェックアウト前には粘着ローラーで室内掃除をしておくといいでしょう。
また、様々なお店や電車やバスなど、盲導犬や介助犬などの利用は認められていますが、しつけておくことは重要です。
また、ペット可の住宅も大変増えていますが、住人の方々がお互いに気持ちよく暮らしていくためにはやはりたくさんの厳しいルールがあります。
共用の廊下では抱っこしておく。1頭のみ限定。

無駄吠えなどの哭き声の騒音問題を起こさないために玄関や窓際壁際をペットの定位置としない。


動物の抜け毛がほかのおうちに行かないようにベランダでのブラッシングはしない。


ベランダの排水溝に毛を詰まらせない。
床や壁の保護と音対策の為、マットやカバーを多用する。
散歩コースがあるか確認してから入居を決め、夕方、十分に散歩させてから部屋に連れ帰るなども必要です。

どんな場所でもペットで起きるトラブルは飼い主のマナーの悪さで起きるトラブルがほとんどなので、十分に気を配りましょう。


どこに連れて行く場合も前もって行く場所に連絡をしてからにしましょう。

駒沢大学のペット可の正しい情報はこちらです。

練馬区にある仲介手数料無料情報は見逃せません。



東京の新築一戸建ての安心情報、今すぐ確認してみましょう。



http://talk.m3q.jp/t/14109

http://okwave.jp/qa/q7145071.html

https://allabout.co.jp/gm/gc/442956/

関連リンク

subpage02














ペット可の場所について

ペットを飼っている場合、家族のように大切に感じるものです。終生責任を持って世話をして、飼うことが飼い主の役割と言えます。...

NEXT
subpage03














所有している不動産を売りたい時はどうしたらいいのか

所有している不動産を売りたい時は、まずはいくらくらいで売れるものなのかは知っておく必要があります。できれば所有している不動産の近場である不動産会社に査定依頼するのがおすすめです。...

NEXT